南高梅は定番人気商品|梅を美味しく食べる方法

梅の果実のジュース

うめ

ビタミンCとクエン酸

梅の果実は、栄養分が豊富な果物として、古くから重宝されています。具体的には、ビタミンCやクエン酸が多く含まれているのです。ビタミンCには、体の酸化を防ぐ作用が、クエン酸には、疲労物質の排出を促す作用があります。そのため梅の果実によってこれらをたっぷりと摂取すると、酸化が防がれることによるアンチエイジング効果と、疲労回復効果とが出てきます。しかしビタミンCやクエン酸が多く含まれている梅の果実ほど、強い酸味があります。そのため昨今では、飲みやすく味つけをされた梅ジュースが、通販で販売されるようになっています。おいしく飲むことができる上に、ビタミンCやクエン酸をたっぷりと摂取できるため、多くの人が通販で梅ジュースを購入しています。

葉酸とムメフラール

梅の果実には、葉酸も含まれています。葉酸には胎児の正常な発育をサポートする力があるので、妊娠中の女性も、胎児のために梅ジュースを積極的に飲んでいます。しかも通販の梅ジュースは、特定の産地で栽培された、上質な梅の果実で作られていることが多いです。それによる安心感からも、妊娠中でも飲みやすいということで、通販の梅ジュースは人気となっています。さらに、梅の果実を煮詰めることで作られた梅肉エキスがベースとなっている梅ジュースもあります。梅の果実を煮詰めると、ムメフラールという成分が作られます。この成分には、血栓が作られることを防ぎ、血流を良くするという作用があります。そのため血栓による高血圧や動脈硬化などに悩んでいる人も、その解消のために梅ジュースを飲んでいます。